広告宣伝で大事なこと

1.商品や価格も良いはずなのにどうして売れないの・・・?

こんな風に思ったことはありませんか?昔と違って、商品説明と特典だけのイメージ広告で集客は厳しくなっているのが現状です。

そして、インターネットでは「Blog」や「SNS」の激増によって、「口コミ」マーケティングが主流となっています。ネットユーザーは「Search(検索)」して直接オンライン購入し、購買後の感想をネット上で「Share(共有)」というプロセスがあたり前になっています。

リアル(現実)とバーチャル(仮想)の境は、今後ますます狭まると思われますので、広告宣伝において無視するわけにはいかなくなっています。

そのためにも、次にあげる5つは広告を制作する上でとても大事なポイントです。ぜひ一度お確かめ下さい。

お客様の声 第3者からの推薦は心強い味方です。他にも同じようなお店があるなか、どうしてお客様はあなたのお店を選んているのか。その証拠をお客様に代弁していただきましょう。
緊急性 今すぐ行動することのメリットより、行動しないことで機会損失となるデメリットをお客様に伝えます。「もっと良い商品があるかも・・。後にしよう」となることを防ぎます。
保障 「もったいない?」と一瞬不安な気持ちになったお客様に、クーリングオフや永久保障などを提示することで安心してお買い物を楽しんでいただくようにします。
特典 期間や数量の限定、また○○サービス、割引など。ただ、割引や無料サービスは使いすぎに注意して下さい。はじめは良いのですが次第に効果が無くなります。
問合せ 電話番号は大きく、はっきりと誰でも読めるように出しましょう。また営業時間外の対応がとれるように電話番号だけでなくFAX,、Eメール、ホームページ、モバイルなど複数用意しておきましょう。

「どうして反応がないんだろう」から「なぜ反応できなかったんだろう」という発想で広告宣伝を考えてください。

2.あなたが集めたいお客様はどんな人?

広告成功のポイント2つ目は、お客様の絞り込みです。これは、不特定多数に向けたメッセージより、具体的な特徴を明示してお客様に発信したメッセージのほうが印象に残るからです。絞り込むと反応が落ちるような気がしますが結果は逆の場合が多いです。(いすみライフに広告を掲載される方には簡単に絞込みができるチェックシートを進呈させていただきます)

3.代表者(店長)は広告塔

広告成功のポイントの最後は代表者です。中小零細企業では「代表者」=「お店」です。代表者のポリシー、キャラクター、顔はお店のイメージそのものです。お客様は商品を買う前に代表者の人柄に共感を感じます。東国原宮崎県知事はまさにそうです。

上記以外にも、たくさんの集客テクニックの小技があります。ただ、あなたのお店に合ったものでないとかえってお客様の不信感をあおり、逆効果になることがあります。ですので私たちはアドバイスこそさせていただきますが、あくまでお客様が責任をもって決めていただくことをお願い致します。

いすみライフに広告掲載をご希望のお客様は、その点をご了承の上ご相談下さい。

広告掲載までの流れ

1ヶ月前 広告掲載をご希望の際はお早めにご連絡下さい。(先着順にて広告スペースを決めていますので、遅くなるとご希望のスペースをとれない場合がございます。)
3週間前 広告の原稿について打合せを行います。原稿がある場合はFAXまたはE-mailで送付下さい。
2週間前 校正を行います。校正はとても重要です。間違いがないかだけでなく、修正などを行います。またお気軽にスタッフにご相談下さい。
1週間前 印刷工程に入ります。以降の修正やキャンセルはお受けできませんのでご了承下さい。
発行日 第2土曜日の朝刊に「いすみライフ」が折り込まれます。